薄膜技術の研究開発動向 2019年春の応用物理学会より

薄膜技術関連の研究開発の動向を2019年春の応用物理学会の予稿集からピックアップしました。

以下のセッションになります。

6 薄膜・表面

 6.1 強誘電体薄膜
 6.2 カーボン系薄膜
 6.3 酸化物エレクトロニクス
 6.4 薄膜新材料
 6.5 表面物理・真空
 6.6 プローブ顕微鏡

それぞれの発表件数をまとめると、以下のような件数になります。

項目 件数
強誘電体薄膜 25
カーボン系薄膜 45
酸化物エレクトロニクス 45
薄膜新材料 37
表面物理・真空 6
プローブ顕微鏡 43
合計 201

 

材料の点から簡単にコメントします。

強誘電体関連はメモリからアクチュエータ、センサまで様々な用途があり盛んに研究されています。また強誘電体関連の材料の酸化物エレクトロニクスの中にも何件かあります。強誘電体材料のセッションでは、いわゆるPb系(PZTなど)の強誘電体よりも非鉛系の研究の方が圧倒的に多くなっています。産業界ではPb系の応用が主流なのですが、学術的には新しい材料とその物性の調査/研究が主流となっています。この部分に関しては別途述べていきたいと思います。

カーボン系の材料は、高い強度を持つDLC(ダイヤモンドライクカーボン)や窒化炭素などの研究、半導体材料としてのダイヤモンドに関しての研究が盛んです。

酸化物エレクトロニクスでは、以前は透明導電膜系の発表が多かったと思うのですが、今は多種多様になっており透明導電膜のほか、酸化物半導体、太陽電池、メモリ材料、Liイオン電池関連などの発表がありました。

薄膜新材料に関しては、色素増感太陽電池関連、液中プラズマによる酸化物膜の形成、断熱材料、金属系のセンサ材料、光触媒等々です。特にこのセッションでは薄膜の新しい作成方法に関しても発表があります。産業界としては新規な製法により大幅なコストダウンや性能アップ、さらには、従来出来なかったものが作成できるようになると価値が高いと思っています。学会ですので、その原理のところがわかってくると面白く期待しています。

以上

 

 

| | コメント (0)

強誘電体の発表について1 (2019年春応物)

2019年春応用物理学会の強誘電体関連セッションの材料について

» 続きを読む

| | コメント (0)

【ニュース記事】日本の科学「基礎研究」の状況悪化 文科省調査 

ニュース記事です。

リンク

https://mainichi.jp/articles/20190412/k00/00m/040/140000c

日本の科学研究の状況がこの3年間で悪化したと考える研究者が多いことが、文部科学省科学技術・学術政策研究所が12日発表した調査結果で明らかになった。政府は科学技術を経済成長の原動力としてとらえ、予算の「選択と集中」などの施策を進めているが、近年、中国などの台頭で論文のシェアなどが低下している。研究現場の実感も、日本の衰退を裏付けた形だ。

政府は科学技術を経済成長の原動力としてとらえ、予算の「選択と集中」などの施策を進めているが、近年、中国などの台頭で論文のシェアなどが低下している。研究現場の実感も、日本の衰退を裏付けた形だ。
政府は科学技術を経済成長の原動力としてとらえ、予算の「選択と集中」などの施策を進めているが、近年、中国などの台頭で論文のシェアなどが低下している。研究現場の実感も、日本の衰退を裏付けた形だ。

私自身、この件に関してよい案を持っているわけではないのです。

確かに「選択と集中」により、大学の研究はより企業との結びつきやお金を獲得しやすい研究にシフトしたことは間違いないと思います。一方で他国の技術レベルが上ってきて相対的に日本の研究レベルが下がってきたように見える気もします。資源のない我が国は技術を強くしていくしかないので、なんとかしなければと思いますが、難しい問題です。

記事の続きは以下で。

 

日本の科学研究の状況がこの3年間で悪化したと考える研究者が多いことが、文部科学省科学技術・学術政策研究所が12日発表した調査結果で明らかになった。

» 続きを読む

| | コメント (0)

技術者としての52歳の決断(自分のこと)

52歳で大企業をやめて独立した理由

» 続きを読む

| | コメント (0)

2019年度 技術士二次試験 概要

2019年度 技術士二次試験概要

» 続きを読む

| | コメント (0)

«イノベーションの事例