« はじめまして | トップページ | 技術士について 1 »

シリコンバレーの発想

最近はアメリカのシリコンバレーのベンチャー企業と一緒に仕事をしています。彼らと仕事をしていて、気づくことは、彼らは、ある目的を達成させるための技術に関して、どうすればできるか?ということから考えます。一方で一緒に働いている日本企業の人々は、失敗しないようにするにはどうしたらいいか?ということを一生懸命考えているようです。
すなわち、シリコンバレーの起業家は可能性から考え、日本の大企業の人はリスクから考えているようです。どちらも一長一短があると思いますが、新しいことを生み出すためには可能性から考えることが必要なのではないでしょうか。既存の商品をいかに売り続けるか、じり貧にならないようにするか、すでに成功していてその成功を維持するというときにはリスクから考える必要もあるかもしれません。
可能性から考え、できそうなことを世界中のネットワークを用いて導入するというのがシリコンバレー流のようです。(私の技術もその一環でシリコンバレーの企業から声をかけられたようです)

可能性から考え、いかに実現するかということを一生懸命考えることで、未来が開けるような気がします。happy01

人気ブログランキングへ

|

« はじめまして | トップページ | 技術士について 1 »

シリコンバレー」カテゴリの記事

研究開発の秘訣」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1126219/24960456

この記事へのトラックバック一覧です: シリコンバレーの発想:

« はじめまして | トップページ | 技術士について 1 »