« 勝利の方程式! | トップページ | ブレインストーミング2 »

シリコンバレーの活力

ここで働く人たちは、世界中から集まった天才たちです。アメリカはもちろんのことドイツ、スイス、ノルウエー、中国、日本などの多国籍で、凄い人たちがたくさんいます。質の高い仕事と高い給与を求めて集まってきています。実際に一緒に働いてみて、技術的にも精神的にも凄いと思うことだらけです。発想の凄さ、仕事の速さ、なんでも試してみるチャレンジ精神、常に前向きな姿勢などです。そして、技術者の多くは仕事を楽しんでいるという感じがします。
キャリアも40代半ばで8社目、9社目という人の話を聞きました。常に、面白い仕事とよりよい条件を探して移っているようです。
天才たちの興味を惹くような魅力的な会社は、さらに天才たちが集まって、切磋琢磨し、ますます面白くなり、新しいものを生み出すのでしょう。AppleやGoogleなどがそうなのだろうと思います。

今回の景気後退の波をどう受けて、シリコンバレーの活力がどう変わっていくかというのは、少し興味があります。世界の天才たちは、このままシリコンバレーで新しいことを生み続けるのか?、どこか別の場所に移動するのか? 

個人的には、日本のモノ作りにシリコンバレー的な発想が加われば、凄いものが生み出されるのではと思っています。私自身、両方を知っている人間として日本のモノ作りに何か貢献できたらと思っています。

写真はアップル本社にお土産を買いにったときのものですwink
Apple_2


クリックお願いします↓

人気ブログランキングへ

|

« 勝利の方程式! | トップページ | ブレインストーミング2 »

シリコンバレー」カテゴリの記事

コメント

実にうらやましい体験です。梅田望夫さんの本に感化された僕としては一度は(仕事で)おとづれてみたい聖地です。

投稿: 海図屋 | 2008年11月10日 (月) 23時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1126219/25147078

この記事へのトラックバック一覧です: シリコンバレーの活力:

« 勝利の方程式! | トップページ | ブレインストーミング2 »