« 非生産的な会議 (愚痴) | トップページ | 右脳? 左脳? 年齢と頭の使い方 »

徹底的に調べない

よく、「徹底的に調べつくせ!」と言う人がいます。正論です。しかし、時と場合によります。少人数や限られた時間の中で開発を進めている中で、徹底的に調べつくしていてはそれだけで、仕事がいっぱいになります。ここでは「徹底的に調べない」という言葉を使いましたが、言い換えると「調べる質と密度を上げる」ということが重要です。
膨大な時間やたくさんの協力者がいるのであれば徹底的に調べるのは可能ですが、ゲリラ戦を戦っている弱者にとっては不可能です。効果的に調べる必要があります。まして、ITの発達した今の時代は、調べようと思えば無限に調べることがあります。ちょっと横道にそれますが、大企業では、1日中PCの前に座っているだけで仕事をしたようになっている管理職がたくさんいるのではないでしょうか?\(*`∧´)/

私の場合、研究開発を始めるときに最も進んでいると考えられる研究者/組織の論文と特許を参考にします。その数はせいぜい20件ぐらいです。その中でも本当に参考にした(参考になった)のは数件です。そのためにも、重要なものを選択するセンスを磨く必要があります。重要な情報が分かれば、無駄な情報は無視していいことが分かります。
インターネットが発達した今の時代、いかに多くの情報を入手するということが重要なのではなく、よりよい情報を集め理解するという、目利きが必要となります。

さらに重要なのは、生の声を聴くということです。実際に聞いたのは、それぞれの分野でトップの研究を進めている方々です。生きた質の高い情報を入手することで、より的確な判断が可能となります。この生の声の重要性は、インターネットが発達した今こそますます重要性を増しています!

徹底的に調べないことに賛成の人はクリックお願いします!
人気ブログランキングへ

|

« 非生産的な会議 (愚痴) | トップページ | 右脳? 左脳? 年齢と頭の使い方 »

研究開発の秘訣」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1126219/25519349

この記事へのトラックバック一覧です: 徹底的に調べない:

« 非生産的な会議 (愚痴) | トップページ | 右脳? 左脳? 年齢と頭の使い方 »