« 技術士試験 口頭試験で落ち着くための秘訣!? | トップページ | 物を見る目 1 »

インテル博物館 (Intel Museum)

今日こんなニュースがありました。
「インテルが現行の45nm世代の次世代にあたる、32nmプロセス技術による 半導体チップの開発が完了したと発表した。量産開始は2009年第4四半期の見込み。 」微細化の限界がもうじき来るような気がしますが、さすがインテルです。

せっかくなので以前遊びに行ったインテルミュージアムについての情報です。
私自身は2度ほど行きました。半導体に関係のある人にはお勧めです。
半導体の歴史やインテルの歴史を見ることができます。約30分から1時間で見ることができます。
印象に残っているのは「80年代に日本のダンピングによって窮地に陥ったが、新たなビジネスモデルによって復活した!」と記述されていた点です。日本のメモリ分野の攻勢がダンピングだったかどうかは?ですが、インテルにとっては大きな転換だったようです。

ここがいいのは、土曜日もやっていることです。土曜日なら出張の合間をぬって行ける人も多いのではないでしょうか。
店内には小さなショップもあり、お土産にインテルのロゴの入ったグッヅはどうでしょうか?
私は、ボールペンを大量に購入してお土産にしました。smile


情報
名称 インテル博物館 Intel Museum
所在地 Intel Corporation's Robert Noyce Building, Main Lobby
2200 Mission College Blvd., Santa Clara, CA. 95052-8119
エリア:サンタクララ/シリコンバレー
開館時間 月曜~金曜:9:00am~6:00pm、 土曜:10:00am~5:00pm、 日曜・祝日:休館
料金 無料
URL http://www.intel.com/museum/index.htm


Image005Image004


|

« 技術士試験 口頭試験で落ち着くための秘訣!? | トップページ | 物を見る目 1 »

シリコンバレー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1126219/26112369

この記事へのトラックバック一覧です: インテル博物館 (Intel Museum):

« 技術士試験 口頭試験で落ち着くための秘訣!? | トップページ | 物を見る目 1 »