« 普遍化マップをもっているか? | トップページ | よいテーマを見つける »

農業と工業技術

先週末に某コミュニティに参加してきました。主に工学系の大学の先生や国の研究所の方、コンサルタントの方などなどのメンバーで構成されていました。そこで議論になったのは、工学の進む方向として「水と食料とエネルギーだ!」ということで、主に農業に関してでした。

具体的には農業に工業的な技術を入れて、高効率かつおいしい植物を作りましょうという話をしていました。さらに、そこで使用する水について、従来の1/10の量で充分な水のやり方で進めるということでした。少量の水で農業ができるというのは、世界中の水の少ない地域で食糧生産が可能ということになるので、すごいことです。
日本の得意な工業技術を農業に利用することで世界に貢献できる気がして、ワクワクするような話でした。
私自身、この農業の技術に何が貢献できるか思案中です。


従来の技術をまったく別の分野に適用するというのは、イノベーションが生まれる可能性が高いと思います。smile


人気ブログランキングへ

|

« 普遍化マップをもっているか? | トップページ | よいテーマを見つける »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1126219/27325980

この記事へのトラックバック一覧です: 農業と工業技術:

« 普遍化マップをもっているか? | トップページ | よいテーマを見つける »