« 研究開発の競争戦略 | トップページ | 技術士2次試験合格おめでとうございました。 »

100ページのプレゼンよりも1つのデータ

モノ作りの現場において、社内を見渡すとPCに向かって常に何かしているお偉いさん(課長や部長)はいないですか? 私の身近にはいます(キッパリ)。pout
いつも何かしらの資料を作っています。そして、その資料はさらにトップに報告するための資料なのですが、中身がないために役に立ちません。そのプレゼンを聞かされるトップもかわいそうです。
モノづくりを進めている我々は、パワーポイントできれいな資料を作るよりも、一つの信頼性のあるデータの方が価値があります。さらには、事実としてのモノの方が重要です。
前出のお偉いさんは、モノや事実を成果としているのではなく、トップに受け入れられることを成果としているために、資料づくりに命をかけているのだと思います。
少なくともモノづくりをして、現実の世界に生きている私は、100ページの中身のないプレゼン資料よりも1つのデータを大事にしたいです。

あっ!前出のお偉いさんのことを、「パワーポインター」そして、そのプレゼンの事を「パワーポッターと炎のプレゼン」と言います。

good

人気ブログランキングへ

|

« 研究開発の競争戦略 | トップページ | 技術士2次試験合格おめでとうございました。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1126219/28470447

この記事へのトラックバック一覧です: 100ページのプレゼンよりも1つのデータ:

« 研究開発の競争戦略 | トップページ | 技術士2次試験合格おめでとうございました。 »