« サラリーマンよ、競争戦略で生きのこれ! | トップページ | 100ページのプレゼンよりも1つのデータ »

研究開発の競争戦略

研究開発において、流行のテーマというのがあります。
私の専門に近いところだと、
・超電導
・ダイアモンド薄膜
・カーボンナノチューブ/フラーレン
・ホログラム
・垂直磁気記録材料
・熱電材料
といったところです。
いずれも、聞いた事があるような技術だと思います。実用化しているものもありますが、比較的大きなブームのわりには、十分に成果(大きな市場がまだできていない)が出ていないような気がします。これらの研究は、参入している企業や大学、研究者は多いのですが、成果が上がるまでに時間がかかります。そのため、企業でやる研究としてはIOが低く、続けていくのが難しいです。
いずれも、流行っている時は最新のテーマであり、進めている自分が誇らしいのですが、競合も多くなかなか成果が上がりません。例えばカーボンに強みを持つ人(企業)がナノチューブに参入するのであればいいのですが、異分野からの挑戦だと厳しいものがあります。(何か強い技術や確信があれば別です)
私も若い頃は、上記のテーマを進めていた事がありますが、実力不足のため大きな成果を上げる事ができませんでした。その後は、自分の強みの技術を使える分野、あるいは異分野に自分の技術を入れ込む事で成果(商品化)ができるようになりました。前回の記事と同じように研究開発においてもニッチ戦略です。good


人気ブログランキングへ

|

« サラリーマンよ、競争戦略で生きのこれ! | トップページ | 100ページのプレゼンよりも1つのデータ »

研究開発の秘訣」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1126219/28441612

この記事へのトラックバック一覧です: 研究開発の競争戦略:

« サラリーマンよ、競争戦略で生きのこれ! | トップページ | 100ページのプレゼンよりも1つのデータ »