« 上司を顧客にする研究開発 | トップページ | 企業の研究における永遠の5年後 »

生活の中のPDCA

先週、仕事でかなり落ち込む事があって、胃が痛くなっています。
客観的に考えると、頑張って次につなげればいいのですが....。そんなときにPDCAサイクルのことを考えてしまいました。日々の生活の問題もPDCAで解決して、向上させる事ができるはずだと。

PDCAサイクルとは(Wikiより)
PDCAサイクル(PDCA cycle, plan-do-check-act cycle)は、工業(製造業や建設業)などの事業活動において、生産管理や品質管理などの管理業務を計画どおりスムーズに進めるための管理サイクル・マネジメントサイクルの一つ。

Plan(計画):従来の実績や将来の予測などをもとに業務計画を作成する。
Do(実施・実行):計画に沿って業務を行う。
Check(点検・評価):業務の実施が計画に沿っているかどうかを確認する。
Act(処置・改善):実施が計画に沿っていない部分を調べて処置をする。


現在の私は、Checkのところで、他者から激しく突っ込まれ、落ち込んでいる状態です。この落ち込みも冷静に分析して対処して、次のActionにつなげていけばいいはずです。落ち込んでいる感情を抑えて、できるだけ次の改善につなげられるか。人生の問題に対しても必要だと思います。
.....実際には、落ち込んだ気持ちに整理をつけるのに結構時間がかかるのですけれどもね。゚゚(´O`)°゚

例えば、彼女/彼氏を見つけるために計画を立てます。計画に沿って、相手に近づいたり、告白したりの行動をします。そして、断られたり.....、。そのときに感情としては大きく落ち込みます。crying しかしそこで、なぜ失敗したか?、どこがまずかったか?などの冷静なCheckがあって、次のAct・Actionにつながります。ドラマであれば、失敗の苦労、そしてその後の努力・成功で、感動が生まれ、ドラマ性が生まれます。このように落ち込んだ後の冷静な判断が重要だと思います。

今日のまとめ

・PDCAは日常生活に役に立つ
・Cの段階で、(失敗に気付いて)大きく感情的に落ち込む事が多い。
・感情の落ち込みから回復したら、冷静に失敗の原因を分析するべき
・落ち込みを克服して、次の成功につなげよう。そこにドラマが生まれ、大きな成功体験となる。

今日の話は、現在落ち込んでいる自分に言い聞かせる話でした。weep


人気ブログランキングへ


|

« 上司を顧客にする研究開発 | トップページ | 企業の研究における永遠の5年後 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1126219/29025327

この記事へのトラックバック一覧です: 生活の中のPDCA:

« 上司を顧客にする研究開発 | トップページ | 企業の研究における永遠の5年後 »