« まじめに、一生懸命やっているだけではダメ | トップページ | 奥義二:「へそ曲がり!で考える」 »

奥義一の三&四

奥義一の三:「悲しいこと」から考える

日常の生活で悲しいことはいくつかあります。書き出してみて、発明やビジネスモデルのテーマにしましょう。

例えば
 飼っていたペットが死んだ
 彼女(彼氏)にふられた
 大切にしていたモノをなくした
 いじめられた

などいろいろあります。 これらを書き出して、次にそれらを解決するようなテーマを選びましょう。


奥義一の四:「慈しみの気持ち」から考える。

慈しみすなわち、恵み、慈愛の気持ちです。

自分より弱い立場の人のことを考えるといくつか頭に浮かんでくると思います。

例えば
 ペットの犬が鎖につながれているのがかわいそう。
 交通遺児のためになんとかしたい
 お年寄りが電車で立っているのを見るといても立ってもいられない
 おじいちゃんにはがいつまでも元気でいてほしい
 (少し慈しみからはみ出したかもしれませんが・・・)

慈しみの気持ちで発明やビジネスを考える人は少ないのではないのでしょうか。よいテーマが思いつけばチャンスです!

人気ブログランキングへ

|

« まじめに、一生懸命やっているだけではダメ | トップページ | 奥義二:「へそ曲がり!で考える」 »

アイデア創出法」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1126219/29328105

この記事へのトラックバック一覧です: 奥義一の三&四:

« まじめに、一生懸命やっているだけではダメ | トップページ | 奥義二:「へそ曲がり!で考える」 »