« 奥義三: 「希望から考える」 | トップページ | 転職と成果について »

プリウス改造キット

米国で先代トヨタ『プリウス』用プラグイン改造キットというのが発売されているそうです。
ソース:
http://response.jp/issue/2009/0614/article125922_1.html

PICC社のHP
http://www.pluginconversions.com/index.html

先代プリウスの「EVモード」は、モーター単独での最高速は54.7km/hが限度。これをアップデートにより、2倍以上の112.65km/hまで高めることに成功した。この速度を維持したまま、約40kmをモーターのみで走行できるという。アップデートによりモーターの使用範囲が拡大したため、燃費は劇的に向上。高速道路では72.28km/リットルという驚異的な燃費をマークする。

安全性は?ですが、さすがアメリカという気がします。最新の技術を集めて新しい価値を提供するというのは、私がお世話になっている?シリコンバレー流と同じです。なお、この会社はカリフォルニアにあるそうです。

このニュースから考えると、
将来、エンジンのないモーターだけの電気自動車が身近になってきたときに、改造やメンテナンスが従来のインフラよりもより容易にできるような気がします。まるで、「ミニ四駆」を扱うように、ソフトをバージョンアップしたり、モーターを変更したり、するような・・・。新しい時代が来る気がします。産業の構造すら変わるかも。

変化があるときにはチャンスもあります。研究開発としてはその部分を予想して行動しなければ!

人気ブログランキングへ

記事の内容は続きを見てください↓

米国PICC社(プラグ・イン・コンバージョン・コーポレーション)は、先代トヨタ『プリウス』用プラグイン改造キットのソフトウェアを進化させた。

PICC社は2007年6月、カリフォルニア州に設立されたベンチャー企業。米国内で先代プリウスを家庭用コンセントから充電できるようにする、「プラグインコンバージョンキット」を販売している。

今回はそのソフトウェアをアップデート。先代プリウスの「EVモード」は、モーター単独での最高速は54.7km/hが限度。これをアップデートにより、2倍以上の112.65km/hまで高めることに成功した。この速度を維持したまま、約40kmをモーターのみで走行できるという。

アップデートによりモーターの使用範囲が拡大したため、燃費は劇的に向上。高速道路では72.28km/リットルという驚異的な燃費をマークする。アップデート費用は2000 - 2500ドル(約19万6300円 - 24万5400円)。PICCのキム・エーデルマン社長は、「シボレー『ボルト』に対抗できる燃費性能を、リーズナブルな価格で実現できる」と自信たっぷりだ。

まさに夢のような話だが、気になるコンバージョンキットの内容は、ニッケル水素バッテリーの性能アップがメイン。トヨタ純正は蓄電容量1.3kWhだが、これを6.1kWhまで引き上げている。充電は家庭用の120Vコンセントから可能。オプションの急速チャージャーを使用すれば、約2時間で充電できるという。

PICC社はこのコンバージョンキットに3年の保証を付けて、1万2500ドル(約123万円)で販売中。123万円という価格を考慮すると、その費用対効果は疑問だが、米国のベンチャー企業の目の付け所は、なかなか鋭いといえそうだ。

|

« 奥義三: 「希望から考える」 | トップページ | 転職と成果について »

技術情報」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1126219/30107253

この記事へのトラックバック一覧です: プリウス改造キット:

« 奥義三: 「希望から考える」 | トップページ | 転職と成果について »