« 特許からわかること1 | トップページ | プリウス改造キット »

奥義三: 「希望から考える」

アイデア創出法の3番目は、希望から、夢から出発してテーマを決める。

 例えば、

・こんなになればいいな
・こういうものがあればいいな
・こんなになりたいな

という感情から考えます。比較的スケールの大きなテーマとなります。


例えば、こんな感じです。
・充電を必要としない携帯電話
  →最近太陽電池つきのものが出ましたね!
・本物のノートのように薄くて軽いコンピューター
・誰でも簡単に入力できるキーボードのようなシステム
・ぶつかっても怪我をしない車

身近なところだと、
・たたんだ時に、雨のしずくが出ない傘があるといいな・・・。
・ポケットに入る傘があるといいな・・・。
こんなもんですかね。

具体的なモノでなくても、ビジネスのモデルでもいいと思います。

もっとスケールの大きなところとして
・食糧問題が解決したらいいな
・エネルギー問題が解決したらいいな

これらのスケールの大きな問題を自分なりにできることに落としていくと、自身の役割が発揮できる所でいいテーマが見つかると思います。


また、いつかに続きます。(*^-^)


クリックしてね↓
人気ブログランキングへ


|

« 特許からわかること1 | トップページ | プリウス改造キット »

アイデア創出法」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1126219/30105032

この記事へのトラックバック一覧です: 奥義三: 「希望から考える」:

« 特許からわかること1 | トップページ | プリウス改造キット »