« 新人(研修)のときの課題(経歴2) | トップページ | 日刊工業新聞に記事を書きました »

新人(研修)のときの課題3

まるで探偵のように調べていきました。
・担当者からのヒアリング
  →原因はよくわからないが、時々黒い煙が出る
  →ある特定の材料を吸着したときに発生するらしい。(確かではない)
・黒い煙の成分を分析
  →炭素が主でした
・煙の成分中の粒径分析
  →粒度の小さい成分でした
そして、いよいよ怪しいと言われている材料をたっぷり吸着した活性炭を処理してみました

結果として、全く黒い煙がでませんでした。???????

担当者の証言は正しくないという事がわかりました。

それでは、何が原因で黒い煙が出るのでしょうか?
黒い煙(活性炭の成分だと思われる)が出る理由を活性炭処理装置の原理から考える事にしました。
活性炭に吸着した有機材料の成分を燃やすために、賦活という工程があります。この工程で有機物を燃やして、活性炭の一部も燃やしながら活性炭を再生します。
この工程が怪しいと考えました。この工程では燃料と空気の比をコントロールする事が出来ます。いつもは決まった値になるように、装置にメモリが打ってあるのですが、わざといろいろ変えて実験をしてみました。

決局、空気の量を絞ると、活性炭の微粉成分が燃えきらずに、煙突から煙として出てきているという事がわかりました。good どうやら現場の一部の方々は、空気の量を増やすと活性炭が燃えてしまうので再生される活性炭の量が減ってしまうと考えて空気の量を減らしたようでした。

研修中の数ヶ月だったのですが、見事に課題を解決できて小さな成功体験になりました。

このとき学んだ事は、
・人の言う事は100%信じない。自分で納得しながら考える。
・事実の積み重ねで答えを見つける
・原理原則から考える

ということです。この時の経験は今でも役に立っています。


人気ブログランキングへ

|

« 新人(研修)のときの課題(経歴2) | トップページ | 日刊工業新聞に記事を書きました »

研究者としての履歴」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1126219/30405221

この記事へのトラックバック一覧です: 新人(研修)のときの課題3:

« 新人(研修)のときの課題(経歴2) | トップページ | 日刊工業新聞に記事を書きました »