« リストラ | トップページ | 緑色レーザー »

研究・開発の流れ

私の行っている技術分野では以下のような流れで商品化されます。

材料研究

プロセス研究(材料を作るための製造技術)

デバイス化研究/開発(材料をデバイス化してそれなりの形にする)

システム化研究/開発(他の部分と組み合わせて一つの商品としてくみ上げる)

こんな感じです。
例をあげると、新しい透明導電材料の研究開発 → それを作るためのプロセス研究 → それを用いた液晶素子の開発 → その液晶素子を用いたディスプレイ のような流れです。

材料研究から商品が出るまで10年ぐらいかかります。私の経験で短いのものは、まったく新しい材料の開発をスタートしてから4年でした。気の遠くなるような時間がかかります。

私の専門は材料とそれを作るプロセスの開発です。しかし、デバイスやシステムのイメージがないと、初期の段階から間違った方向に研究を進めてしまいます。
以前、ブログで書いた「石ころからネックレスが想像できるか?」ということが重要となってきます。

基礎研究とはいえ、最終製品のイメージを持って研究開発することが、間違いの少ない(寄道しなくていい)研究開発になります。また、イメージを持つことで、課題が明らかになり、研究の立ち位置がわかります。場合によっては全く別の商品につながる場合もありますが、イメージを持つことで別のイメージが膨らむこともあるのです。

工学系の研究開発は比較的上記のような考えで進めやすいのですが、理学系の場合もできるだけ広い出口のイメージを持ち、さらに具体化して研究することがいいのではと私は思います。sign03

人気ブログランキングへ

|

« リストラ | トップページ | 緑色レーザー »

研究開発の秘訣」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1126219/30704137

この記事へのトラックバック一覧です: 研究・開発の流れ:

« リストラ | トップページ | 緑色レーザー »