« 技術士1次試験合格おめでとうございます! | トップページ | このブログの記事ランキング2009 »

半導体工場 年末年始フル稼働

半導体の工場が年末年始フル稼働らしいです。少しはこの景気に光がみえてきたのでしょうか・・・。

フル稼働と言っても、景気悪化で需要の冷えに伴い工場の閉鎖などがあったので減った工場数でのフル稼働のようです。しかしながら、景気の明るい兆しがみえてきたことには間違いないようです。
また、海外メーカーの半導体デバイスの歩留まりやクレームなどが問題となっているようなので、日本のメーカーの品質の安定したデバイスの需要は増えると予想しています。これを機に日の丸半導体の復活を見せて欲しいです。
2010年は半導体、半導体装置、LEDテレビ(液晶)、LED照明、電気自動車、太陽電池、ほか環境技術で日本のモノづくり産業の復活を期待したいです。


毎日新聞ニュースより
http://mainichi.jp/select/biz/it/news/20091227k0000m020021000c.html

東芝やNECエレクトロニクスなど国内の大手半導体メーカーは、年末年始の工場稼働日を昨年より大幅に増やす方針だ。エコポイント効果や中国向け需要拡大などで薄型テレビ向けの供給が引き続き好調なほか、パソコンやスマートフォン(多機能携帯端末)などデジタル家電向けの半導体需要も持ち直しているためだ。
 国内半導体最大手の東芝は、NAND型フラッシュメモリーの主力製造拠点の四日市工場(三重県四日市市)を休日ゼロでフル稼働させる。「スマートフォンや携帯音楽プレーヤー向けに需要が伸びている」(同社)ためで、生産調整で年末年始に最大13日間操業を停止した1年前とは状況が一変した。東芝では、薄型テレビ向けなどにシステムLSI(大規模集積回路)を生産している大分工場も、国内外の需要回復を受けて、一部のラインを除き年末年始も無休で操業する。
 また、NECエレも前年は最大13日間停止した子会社の熊本川尻工場(熊本市)の生産ラインは連日稼働。当初は2日間停止する予定だったが、デジタル家電や自動車用マイコンの需要回復に対応するため、変更した。更に、ルネサステクノロジも、国内7工場のライン停止期間は昨年の最長11日間からこの年末年始は平均3日間に減る。


人気ブログランキングへ

|

« 技術士1次試験合格おめでとうございます! | トップページ | このブログの記事ランキング2009 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1126219/32763278

この記事へのトラックバック一覧です: 半導体工場 年末年始フル稼働:

« 技術士1次試験合格おめでとうございます! | トップページ | このブログの記事ランキング2009 »