« このブログの記事ランキング2009 | トップページ | 草津の湯を用いた熱電発電 〜温泉熱利用発電システム〜 »

エンジニアなら世界を変えられる

「エンジニアなら世界を変えられる」

この言葉はApple Iの開発者のステファン・ゲーリー・ウォズニアックがロッキード社のエンジニだった父から教わった言葉とのこと(竹内一正著:スティーブ・ジョブス神の策略p145)。

一つの発明、一つの論文、ちょっとしたアイデア、観点の違う理論、工夫して作ったモノ、それぞれが人を魅了し、いずれ世界中の人が注目するようなモノになる可能性があります。エンジニアは、普段の仕事が直接世界につながっています。これはエンジニアの特権のようなものだと思います。

研究者/開発者、そしてすべてのエンジニアは、世界を相手に仕事をしているという事を頭に入れて仕事を進めてほしいです。

たった今は会社内で認められていなくても、世界を変えるつもりで仕事を進めていれば必ず世界が注目し世界を変える事ができるはずです。それを信じて進めれば必ず道は開けると思います。

私自身のことで恐縮ですが、周りの反対にあいながら一人で始めた研究が、今では海外を含めて多くの人が関わっている大きなプロジェクトになっています。未だ世界を変えるには至っていませんが、世界を変える事ができる可能性があります。私はそんなつもりで仕事をしています。

目の前にいる課長や部長ではなく、世界を変えるつもりで仕事をしよう!


人気ブログランキングへ

|

« このブログの記事ランキング2009 | トップページ | 草津の湯を用いた熱電発電 〜温泉熱利用発電システム〜 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1126219/32859194

この記事へのトラックバック一覧です: エンジニアなら世界を変えられる:

« このブログの記事ランキング2009 | トップページ | 草津の湯を用いた熱電発電 〜温泉熱利用発電システム〜 »