« Google 10の事実 | トップページ | セミナー 「必ず成功する研究開発テーマの選び方」 を開きました。 »

幸福の最大化 と 不幸の最小化

研究所である液体を使用しているときに事故になりかけたため、禁止にしようということになりかけました。

その液体は、研究開発にとっては必須のものなのですが、管理部門では危険なものは禁止してしまえという発想でした。

研究開発部門は、未来の幸福を最大化するために開発をしているのですが、管理部門は事故があると従業員が不幸になり、工場が止まってしまい生産どころではなくなってしまうので、直接利益に関係ない液体を使うのを禁止すれば不幸が最小化されると考えたようです。

この話を聞いて、政治の話と同じだなぁ~と私は思ってしまいました。
すなわち、企業の税率を下げて、国全体が儲かるようにする。一方で、企業の税率を上げて、その分福祉にお金を回して不幸を最小化する。 少し暴論かもしれませんが同じような構図だと思います。

結局のところ、研究開発での現場では、使わざるを得ない液体は使用するがその際の使用方法をできるだけ安全に行うが、方向でまとまりました。

さて、政治だと・・・・、社会福祉を厚くすることも重要ですが、国全体が栄えなければじり貧だし、社会福祉どころではないと思うのですが・・・。

|

« Google 10の事実 | トップページ | セミナー 「必ず成功する研究開発テーマの選び方」 を開きました。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1126219/36070063

この記事へのトラックバック一覧です: 幸福の最大化 と 不幸の最小化:

« Google 10の事実 | トップページ | セミナー 「必ず成功する研究開発テーマの選び方」 を開きました。 »