« 温泉×熱電発電の特許 | トップページ | 研究開発の地図と想い »

チタニアにて、医療廃棄物を水とCO2に分解 

今日のニュースで知りました。

http://www.jiji.com/jc/zc?k=201011/2010111300064
(記事は続きを読むのところで読んでください)

発表記事:http://www.shiga-med.ac.jp/info/release/h22/H221109.pdf

光触媒で有名な酸化チタンを光触媒ではなく、熱励起の触媒として使用することで燃焼・分解を促進するようです。
私自身、無機材料に関係した研究をしているのですが、知りませんでした。

Googleで調べてみると同じような原理に基づく研究・開発がいくつか出てきました。
滋賀医科大学の関連論文:http://www.jstage.jst.go.jp/article/jpi/50/5/283/_pdf
横浜国立大学、水口先生:http://jstshingi.jp/abst/p/08/jst/jst807/jst9.pdf
チタンボールによる燃料改質:http://www.arttec-net.com/titan_sac.htm


酸化チタンは光触媒であまりにも有名になっていますが、熱エネルギーでの触媒反応の方が効率が良さそうです。価格に関しても自動車用に使われているPtよりもはるかに安いので、実用的な装置になりそうです。

大学の発表によるとメリットは、
医療廃棄物を焼却しないで安全にガス化処理できます。
• 医療廃棄物に含まれるあらゆる有機物の処理が可能です。
• 有害ガスをシステム内で処理し外部に出しません。(中和・還元処理に
より、排出ガス中の塩素、窒素を無害化)
• 触媒反応熱の活用により、省エネ運転が可能になります。
• 現在の適正処理価格内で実用化可能な能力があります。

課題として
コスト低下:地域により異なるが、処理(業者)より高くなる場合があり
ます。
• 金属処理の解決
• 排ガスの熱利用
• 中和消石灰の削減
とあります。

直感的には、比較的低コストでいろんなものが分解できそうなので、他の用途にも展開できそうな技術です。
楽しみな技術です。

人気ブログランキングへ

時事ドットコムより
http://www.jiji.com/jc/zc?k=201011/2010111300064

使用済みの注射器や手術で使ったゴム手袋といった医療廃棄物を水と二酸化炭素(CO2)に分解する非燃焼型の医療廃棄物処理機を滋賀医科大(大津市)と滋賀県の会社が共同開発し、実用化に成功した。
 同大によると、医療廃棄物を焼却せず処理するシステムは世界初という。
 この医療廃棄物処理機は幅2メートル、奥行き4メートル、高さ2メートル。
 加熱した酸化チタンが有機物を分解する特徴を利用する。
 2センチ程度に破砕した医療廃棄物を450~500度に加熱した酸化チタンに混ぜて分解し、ガス化する。有害なガスは中和処理し、最後は水とCO2になる。
 2004年から開発を始め、今年4月に完成。
 塩化ビニールやラテックス、おむつなどを使って実証実験を繰り返し、実用化のめどが付いたという。
 処理能力は月当たり7トン。
 医療廃棄物はこれまで、業者に委託し焼却処分していたが、運搬に伴う感染の危険性を減らし、従来の焼却処理に比べCO2排出量を30%以上削減できるとしている。
(2010/11/13-05:52)

|

« 温泉×熱電発電の特許 | トップページ | 研究開発の地図と想い »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1126219/37711417

この記事へのトラックバック一覧です: チタニアにて、医療廃棄物を水とCO2に分解 :

« 温泉×熱電発電の特許 | トップページ | 研究開発の地図と想い »