« 見直される太陽熱温水器 | トップページ | 原発反対というけれども・・・。 »

太陽光パネル1000万戸?

首相がOECDにて「日本中の設置可能な約1000万戸の家の屋根すべてに太陽光パネルを設置することを目指す」と発言されたそうです。さて、これは喜ぶべきか?

たぶん、現状の太陽光パネルの性能とコストでは、逆にCO2を増やすような状況で、エネルギーの無駄になると思われます。
こちらのブログにわかりやすく理由が記載されています。
http://www.anlyznews.com/2011/05/100016000.html#more

現行の太陽光パネルは効率が悪い、コストが高く、政策的に高く買電してもらうことでようやく導入のメリットがあるものです。このブログによると、年額1兆6000億円の財施負担が出てくるそうです。(私もそう思います)

コストと効率に関しては、シャープ社のこの資料に詳しく出ています。
http://www.meti.go.jp/committee/materials/downloadfiles/g80423b02j.pdf

今後の流れとしては、結晶系の太陽電池から薄膜系へ、場合によってはSiからCIS系へ移行するものと思われます。CISの方が効率の伸び代があると予想されています。さらには、このブログで紹介したように、お湯をつくることとのハイブリッド化なども出てくるかもしれません。

p20の資料を見ると、太陽電池コストと共にバカにならないのが、工事費のようです。より安価に施工できるような工夫もこれからの太陽光パネルに必要だと思われます。
実は、私も太陽光パネルを自分の家に取り付けています。その際に、某社のCISパネルを取り付けたかったのですが、私の家の屋根形状には対応していないと言われました。地味な開発ですが、どんな屋根にも安価に取り付けるよいうことも、とても重要だと思いわれます。


さて、文頭の1000万戸はどうなるのか、気になります。無駄な税金投入にならないことを祈るばかりです。


|

« 見直される太陽熱温水器 | トップページ | 原発反対というけれども・・・。 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1126219/40160555

この記事へのトラックバック一覧です: 太陽光パネル1000万戸?:

» 太陽光の電話営業 ページ2 [太陽光のテレホンアポの話]
昨日から、新地域の電話営業を始めました。 どうも今まではずっと太陽光は飛び込み営 [続きを読む]

受信: 2011年6月 7日 (火) 23時27分

» 太陽光の電話営業 ページ2 [太陽光のテレホンアポの話]
昨日から、新地域の電話営業を始めました。 どうも今まではずっと太陽光は飛び込み営 [続きを読む]

受信: 2011年6月 7日 (火) 23時30分

« 見直される太陽熱温水器 | トップページ | 原発反対というけれども・・・。 »