« パナソニック出版社買収? | トップページ | いつか通った道、これから通る道 »

焼き畑工業 ~サンテックパワーの破綻~

先日のニュースで中国の太陽電池メーカーのサンテックパワーが破綻したというのがありました。
記事:http://jp.wsj.com/article/SB10001424127887323873404578374890891027264.html
 :http://www.asahi.com/business/update/0321/JJT201303200003.html

ここの会社は、中国の安価な人件費で大量に安く太陽電池のパネルを販売しており、米国ではダンピング課税を受けていました。

研究開発に関係する立場として、ここの太陽電池パネルの影響で、数年前に米国のメーカーは破たんし、さらにはドイツのQセルズも破たんしました。すべてが、サンテックパワーのせいだとは言い切れませんが・・・。

最近の、中国や韓国の製造業は「焼き畑工業」と呼ばれています。この言葉は、経済評論家の渡邉さんが以前から使われていましたが、定義としては、以下です。

開発費をかけずに、コピー商品を量産、低価格を武器にシェアを奪う。特許訴訟が出るまでの時間差を利用した売り切りモデル。

今回の場合は、特許訴訟ではなくダンピングでの破綻となりましたが・・・。
日本でも大手の量販店がここのパネルをプッシュしていましたから、国内のパネルメーカーの価格下落が加速したような気がします。さらに、価格下落で利益が出なくなると、R&D費用が最初に削られますので、さらに効率の良いパネルの開発ができなくなってしまいます。

結局は、焼き畑工業モデルで、太陽電池パネルの市場を壊し、将来のR&Dを壊し、自滅した感じです。

液晶パネル、太陽電池と焼き畑工業によってかなり肥沃な土地が荒らされてきています。次は、有機ELやLiイオン電池があぶないかも。
なんらかの対抗措置をとらなければ、市場をつぶしてしまい、世界の発展に悪影響だと思います。

まずは知財でしっかり固めて、ノウハウ部分はブラックボックス化する等の策が必要だと思います。


がんばれ、日本の製造業!

|

« パナソニック出版社買収? | トップページ | いつか通った道、これから通る道 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1126219/50926752

この記事へのトラックバック一覧です: 焼き畑工業 ~サンテックパワーの破綻~:

« パナソニック出版社買収? | トップページ | いつか通った道、これから通る道 »