« 2013年3月 | トップページ | 2013年5月 »

2013年4月

いつか通った道、これから通る道

4月に入って、会社での人事がいくつかありました。

移動する若い研究員からこれからどうしたらいいでしょうか?
と相談がありました。
私自身は転職3回目。営業から研究、工場まで経験しているので、自分が若いときに未熟で苦労して、困ったことを、あらかじめ困らないようにアドバイスしています。少し精神論になる部分もあるのですが、できるだけ具体的なアドバイスを心がけています。

さて、その日の夕方。
とてもお世話になった50代半ばの先輩からメールが。
「4月末で退職することにした。ドタバタするので君には先に連絡したよ。今後は、完全に引退して、自由にすごすよ!」とのこと。
その先輩は、厳しいことで有名で、鬼軍曹のような人だったけれども、たくさんのことを教えてもらいました。
軽いノリで、「後は任せたよ~」とのコメントで締めくくられていました。

いつか通った道、これから通る道、バトンを受け渡して、次の役割のバトンをもらう。人から人へ、先輩技術者から、後輩技術者へ、鬼軍曹から、つぎのひよっ子へ、親から子へ。人はそうして歴史を作ってきたのだなぁと、身近なところから壮大なことを思いました。

さて、先輩から渡されたバトンは重い。日本のモノづくりを支えてきた人たち。これからの豊かな日本を作るために後輩にどんなバトンを渡せるだろうか?


頑張れ日本のモノづくり。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年3月 | トップページ | 2013年5月 »