« 燃料電池と熱電のハイブリッド | トップページ | アプライドマテリアルズ(AMT)と東京エレクトロン(TEL) »

研究者の特許とその後の展開

研究開発の仕事の中で、特許を調査する、出てきた結果で特許出願を行うというのは日常的に行われています。
私の場合は、昔は多いときには年間10件以上の特許を書いていましたが、最近は年間2-3件です。

企業においては他社の特許を使って商品化はできません。ライセンスなどを行う場合は別ですが、一般的には開発の初期からライセンスを前提としては考えませんので、他社の特許を熟読しながら、あるいは参考にしながら、他社特許に抵触しないように独自の開発を進める必要があります。
以上のように、研究者にとって特許に関する仕事は自身の技術開発の知財を守ることだけではなく、他社のまねを(故意でなくても)しないためにも重要です。

そして、その出願した特許が成立して、商品になって利益がでると少しだけ個人にバックがあるかもしれません。中村修二さんのような例はまれだと思いますが、宝くじだと思って期待せずに、夢を持ちましょう(笑)。

私の場合、出願した特許が会社内の1000件ぐらいの中から最も優秀だということで、かなりの金額の表彰を受けたことがあります。

また、米国で成立した別の特許に関して、ある分野でトップの有名な企業から連絡があり、この特許を基に共同研究したいとの申し出があったことがあります。私にとっては10年ぐらい前の仕事なので共同研究のプロジェクトには参加していませんが、比較的大きなプロジェクトになっています。

また、最近ではIT関係の米国の大手企業(さらに大きな会社)から名指してで連絡がありました。同じように私の特許と論文を見たのとのとです。こちらはこれからどうなるかわかりませんが、わくわくしています。


・企業の研究者にとっては特許は重要
・商品化すれば忘れた頃にちょっとしたボーナスがあるかも
・よい特許を書いていれば、世界のどこかから声がかかることもある
特許は大変な作業ですが、真面目に研究開発して、真面目に書けば褒美があるかもしれません!

特許の文章はできるだけ論理的にしなければならず苦手なのですが・・・・。
よい発明をして、社会に貢献できればと思います!

|

« 燃料電池と熱電のハイブリッド | トップページ | アプライドマテリアルズ(AMT)と東京エレクトロン(TEL) »

研究者へ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1126219/53281109

この記事へのトラックバック一覧です: 研究者の特許とその後の展開:

« 燃料電池と熱電のハイブリッド | トップページ | アプライドマテリアルズ(AMT)と東京エレクトロン(TEL) »