« 技術者の転職 | トップページ | 小学生の技術士補 »

コンピューターを着る

「ウエアラブルコンピューター」。今年はこの言葉が流行するかもしれません。
過去にもありましたが、徐々に技術が熟成されてきて、より実用的で、より軽く、より小型で、便利なものになりそうです。

有名なのはGooglグラスですね!
http://www.google.com/glass/start/
http://ja.wikipedia.org/wiki/Google_Glass

そして昔からある時計タイプ!
http://gigazine.net/news/20130905-samsung-galaxy-gear/
http://www.itmedia.co.jp/mobile/articles/1312/06/news070.html


スポーツや医療・健康分野でも、ウェアラブル端末の実用化が進んでおり、ウェアラブル端末関連の世界市場規模は、今後3~5年間で最大約500億ドル(約4兆9500億円)と、現在の10倍程度に膨らむ見通しとのこと。
スマホの次のデバイスの核として多くのメーカーが開発を急いでいるようです。

眼鏡型が主流となるのか、時計型が主流となるのか・・・、あるいは別の形が出てくるのか、興味深いところです。

将来的には身体の信号を取り込んでデータ処理して、健康チェックや動きのチェックに利用されると思います。個人的には、便利ですが、監視されていて気持ち悪い気がしますね。

この分野のデバイスの進歩とともに、生活の仕組みも大きく変わる可能性があると思っています。
ビジネスに関しても、関連デバイス、ソフト、サービスなどなど様々な広がりがありそうです。

研究者としては、将来確実に広まる分野ですので先回りの特許が重要かもしれませんよ!!!

電子デバイス分野はまだまだ日本のお家芸だと思いますので頑張ってほしいです。good

|

« 技術者の転職 | トップページ | 小学生の技術士補 »

技術情報」カテゴリの記事

コメント

ウェアラブル。今は「出来る技術でやってる」って感じですが、最近デザイナ的発想で「欲しいものを追求する」というアプローチも少しずつ出てきてますね。

私は、実はGoogleグラスやなんとかWatchよりも、そっちの方が楽しみだったりします^^。

投稿: 網盛一郎 | 2014年1月11日 (土) 22時24分

コメントありがとうございます。デザイナ的発想で面白いものができてきそうですよね。期待したいところです。

研究者も、あっと驚くようなモノ作ってほしいですね。

投稿: 藤瀬 | 2014年1月12日 (日) 23時12分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1126219/54491827

この記事へのトラックバック一覧です: コンピューターを着る:

« 技術者の転職 | トップページ | 小学生の技術士補 »