« アクティビティトラッカー(リストバンド型センサ) 買ってみました | トップページ | 2015年! »

異分野での成長市場の見つけ方

「異分野での成長市場の見つけ方」という大変興味深い話が2014年9月の技術士という雑誌P.8に載っていましたので一部ご紹介します。著者は下川眞季さん(技術士(経営工学部門))で、論文のタイトルは「異分野市場における自社技術の事業化事例」です。

非常に分かりやすくフローチャートになっていました。文字で書くのでわかりにくくなっているかもしれません。ご了承を!

(1)異分野キーワード検索
(2)データ集計
(3)成長市場か? 
  Yes → (4)へ、 
  No → (1)へ
(4)展示会イベントの視察
(5)市場候補の絞り込み
(6)仮説:(市場)×(技術の強み)
(7)試作品作製
(8)市場実験
(9)不便不満の解消できるか?
  Yes → (12)へ
  No → (10)へ
(10)仮説は妥当か
  Yes → (11)へ
  No → (5)へ  
(11)試作修正 → (8)へ
(12)商品企画


新しい商品開発は、いろんなパターンがあり、単純ではないのでこれだけには限らないと思いますが、ひとつの方法としては有効だと思います。
研究からスタートする場合も、キーワード検索などによるデータ収集からスタートすることもあります。

既存の技術をいかに他の分野に利用して、新たな価値を付け加えるか、というのは重要な研究開発の方向だと思います。

頑張れ日本のモノづくり!


|

« アクティビティトラッカー(リストバンド型センサ) 買ってみました | トップページ | 2015年! »

研究開発の秘訣」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1126219/57450008

この記事へのトラックバック一覧です: 異分野での成長市場の見つけ方:

« アクティビティトラッカー(リストバンド型センサ) 買ってみました | トップページ | 2015年! »