« ノーベル賞 天野先生 裏話② | トップページ | LED信号だと雪が溶けない »

ノーベル賞 天野先生 裏話③

天野先生の講演会 最後

質疑で参議院議員の山東昭子さんからの質問がありました。
女性研究者に関する質問と、研究予算に関する質問でした。
研究予算に関しては以下の様な感じの質問だったと思います。

山東さん
「研究(開発費)は、厳しくした方がいいのか、手厚くした方がいいのか、どういう基準で考えればよいのか?」

天野先生
「難しい質問ですが・・・、」
「未来が見えている若い人にはできるだけサポートしたい、一方で、ただ漫然と研究しているの人には厳しく指導する」
というような回答でした。

確かに、一生懸命努力するというのは重要なことかもしれませんが、未来をイメージして正しい努力をしなければ成果は伴わないということだろうなと私は感じました。

天野先生の人柄がよくわかる素晴らしい講演会でした!

|

« ノーベル賞 天野先生 裏話② | トップページ | LED信号だと雪が溶けない »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1126219/58593362

この記事へのトラックバック一覧です: ノーベル賞 天野先生 裏話③:

« ノーベル賞 天野先生 裏話② | トップページ | LED信号だと雪が溶けない »