« ウエアラブル機器の電池問題 | トップページ | コストダウンの苦しみ »

細部にこだわるモノづくり

今週は、ある実験装置のトラブルがありました。
休日ではありますが、東京都の大田区にあるメーカーの技術者に来ていただきその修理していただきました。
装置の壊れた部分というのは、加熱機構なのですが、その部品の繊細さ、細部にこだわる技術力の凄さに圧倒されました。

加熱機構といえば、ヒーターなのですが、市販のヒーターだと簡単な構造ですが、
私が使っているヒーターは、特別な仕様で作ってもらったので、市販ではありません。

ヒーターの構造、ネジの大きさ、僅かなそりも許さない調整、などなど驚きでした。
例えばナジの締め付けに対しても、微妙なトルクでの手締です。ネジも金属ではなく耐熱性の高い特殊な素材です。
それぞれの部品がなぜこの素材を使っていて、形状がこのようになっているかというのも解説してもらいながら、修理を見ていました。
おそらく、他の国の技術者がリーバースエンジニアリングでこのヒーターの形状を真似しても、それぞれの部品のもつ意味がわからないので、形だけの真似になり、耐久性や信頼性、精度が劣るものになると思われます。
まさに「仏つくって魂を入れず」ということになるのだと思います。

おかげさまで、修理は完了し、順調に動くようになりました。

細部にこだわる日本のモノづくりの発展を願います!!!


大田区のHPから
http://www.city.ota.tokyo.jp/sangyo/kogyo/kagayake/ota_ind.html

|

« ウエアラブル機器の電池問題 | トップページ | コストダウンの苦しみ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1126219/59105579

この記事へのトラックバック一覧です: 細部にこだわるモノづくり:

« ウエアラブル機器の電池問題 | トップページ | コストダウンの苦しみ »