« 細部にこだわるモノづくり | トップページ | 技術士試験にチャレンジを!  2015年の試験 »

コストダウンの苦しみ

最近の仕事の話から。

開発した商品の商品化が近づいてきて、現在は売り先のメーカーとの価格交渉に入っています。
商品はBtoBですので、車を例で言うと、タイヤの材料とか、エンジンの部品の一部とかになります。

価格を決める場合、今の現状の積み上げて計算して価格を算出しますが、
それでは、他社のライバル品とくらべて魅力のない価格になる可能性があります。
私が開発したものの方がはるかに性能が良いのですが(自分で言うな?笑)、価格が高ければ選ばれません。
そのために、原料価格を更に下げたり、製造プロセスを見なおして簡略化したり、製造人員を正社員から変更すしたり、いろんな努力が行われます。

さて、このブログのタイトルの「基礎研究から商品化!」の点から考えると、
基礎研究の時点で、ある程度コストに対してのイメージを持っておく必要があります。
例えば、最初からコストのやすいプロセス、材料を選択肢に入れる、生産量を上げるための工夫を入れる、などなどのことを考えていかなければなりません。
せっかく、いいものができても、高くて商品化されなければ何ににもなりませんからね。

研究者の目標は、
「いいものをより安く作る」そして、安く作ったことに対して、最初から安売りをするのではなく、開発費も含めて適切な価格で買ってもらうですね。その価格が、他社品同等価格であれば理想的です。

自身の開発した商品はやっぱり安売りはしたくないですが、交渉は難しいですね。
(^-^;


|

« 細部にこだわるモノづくり | トップページ | 技術士試験にチャレンジを!  2015年の試験 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1126219/59194589

この記事へのトラックバック一覧です: コストダウンの苦しみ:

« 細部にこだわるモノづくり | トップページ | 技術士試験にチャレンジを!  2015年の試験 »