« 特許活用によるイノベーション創出の提案7 実例(1) | トップページ | 特許活用によるイノベーション創出の提案8 実例(2 セラミックスから食品へ) »

特許活用によるイノベーション創出の提案7 実例(2 セラミックスから食品へ)

前回の富士フイルムの例は有名な例ですので、別の例を取り上げて見たいと思います。

知人のセラミックスの粉砕(微粒化)技術の専門家は、ある食品の粉砕(微粒化)分野に着目し、食品の微粒化に応用し、ある食品において吸収の良い素材、いままで廃棄していた素材の活用を見出し、新規事業を成功させています(2000年頃)。どちらかというとご自身のコア技術をもとに起業したようなイメージです。
知人はこの組み合わせに関しては、異業種交流会の場からのセレンディピティであるが、この事例を2000年以前の特許からの筆者が検索したところ、同様の結論を得ることができました。
個人の技術からスタートですのでSTEP1は自社特許ではなく、自身の保有技術になります。

STEP1 自分のコア技術を定義する ここが前回と異なります
   ↓
STEP2 ターゲットとする分野/領域を抽出
   ↓
STEP3 キーワードを掛けあわせて、特許の検索と読み込み
   ↓
STEP4 テーマの選定とシナリオ作成
   ↓
 実行

具体例を上げて図に示します。
Photo_2


次回はこの例を特許を検索して考えてみたいと思います。

|

« 特許活用によるイノベーション創出の提案7 実例(1) | トップページ | 特許活用によるイノベーション創出の提案8 実例(2 セラミックスから食品へ) »

イノベーションを特許から生み出す!」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1126219/68411102

この記事へのトラックバック一覧です: 特許活用によるイノベーション創出の提案7 実例(2 セラミックスから食品へ):

« 特許活用によるイノベーション創出の提案7 実例(1) | トップページ | 特許活用によるイノベーション創出の提案8 実例(2 セラミックスから食品へ) »