« 2019年3月 | トップページ | 2019年5月 »

2019年4月

【ニュース記事】日本の科学「基礎研究」の状況悪化 文科省調査 

ニュース記事です。

リンク

https://mainichi.jp/articles/20190412/k00/00m/040/140000c

日本の科学研究の状況がこの3年間で悪化したと考える研究者が多いことが、文部科学省科学技術・学術政策研究所が12日発表した調査結果で明らかになった。政府は科学技術を経済成長の原動力としてとらえ、予算の「選択と集中」などの施策を進めているが、近年、中国などの台頭で論文のシェアなどが低下している。研究現場の実感も、日本の衰退を裏付けた形だ。

政府は科学技術を経済成長の原動力としてとらえ、予算の「選択と集中」などの施策を進めているが、近年、中国などの台頭で論文のシェアなどが低下している。研究現場の実感も、日本の衰退を裏付けた形だ。
政府は科学技術を経済成長の原動力としてとらえ、予算の「選択と集中」などの施策を進めているが、近年、中国などの台頭で論文のシェアなどが低下している。研究現場の実感も、日本の衰退を裏付けた形だ。

私自身、この件に関してよい案を持っているわけではないのです。

確かに「選択と集中」により、大学の研究はより企業との結びつきやお金を獲得しやすい研究にシフトしたことは間違いないと思います。一方で他国の技術レベルが上ってきて相対的に日本の研究レベルが下がってきたように見える気もします。資源のない我が国は技術を強くしていくしかないので、なんとかしなければと思いますが、難しい問題です。

記事の続きは以下で。

 

日本の科学研究の状況がこの3年間で悪化したと考える研究者が多いことが、文部科学省科学技術・学術政策研究所が12日発表した調査結果で明らかになった。

続きを読む "【ニュース記事】日本の科学「基礎研究」の状況悪化 文科省調査 "

| | コメント (0)

技術者としての52歳の決断(自分のこと)

このブログは著者の知人も読んでいることを前提に書いてみます。

3月末で大企業を退職した際に、沢山の人に

「なぜ辞めるのか」

「もったいない」

「もう少しガマすればいいのに」

というような言葉をいただきました。

一方で、

「決断に敬意を表する」

「技術者として羨ましい」

という声もいただきました。

私自身、この5年間ぐらいで50人ぐらいの諸先輩方(会社の先輩、他社の方、ベンチャーの社長、独立した人、転職した人等々)の意見を聞きました。

家庭の事情もありましたが、技術者としての残りの時間、何か新しいことを始めるためにはギリギリの年かなと思って、莫大な大食菌の割増も諦めて(涙)このタイミングで退職することにしました。

どうなるかわかりませんが、判断としては、「優柔不断で判断しないよりも、判断して前に進む」ということを選びました。

 

大学を出た後に立てた目標としては以下のようなものがあります。

・自身の技術で商品を作ろう

・シリコンバレーに行く

・若い人の教育をし3名ぐりあの学位取得のサポートする

・本を書く

・新聞の人の欄に載るぐらいのことをする

・独立をする

それぞれの目標は、ある意味では今回の独立と本を書いたので達成できました。

新聞に関しても工業新聞ですが、プライベートでの寄稿で大きな顔写真入で載ったことがあります。

上記は大学を出たばかりの20代の頃の目標です。

今の目標はもっと違うものがあり、それを残りの何年かで達成したいと思っています。

 

| | コメント (0)

2019年度 技術士二次試験 概要

以下のようになっています。

受験申込書の配布が始まっています。早めに入手して準備しましょう!

 

受験申込書配布期間:平成31年4月1日(月)~4月24日(水)
受験申込受付期間:平成31年4月8日(月)~4月24日(水)
筆記試験日
・総合技術監理部門の必須科目 平成31(2019)年7月14日(日)
筆記試験日
・総合技術監理部門を除く技術部門
・総合技術監理部門の選択科目 平成31(2019)年7月15日(月・祝)
筆記試験合格発表 平成31(2019)年10月29日(火)[予定]
口頭試験:平成31(2019)年11月下旬(11月29日(金)予定)~2020年1月中旬(1月19日(日)予定)
口頭試験合格発表:2020年3月6日(金)[予定]

| | コメント (0)

« 2019年3月 | トップページ | 2019年5月 »