« 2019年5月 | トップページ | 2019年9月 »

2019年6月

フリーエンジニアの時代到来か?

最近、思っている問題意識。
働き方改革が進んでいくと、研究者や技術者はフリーの道を選ぶ気がしています。
米国では2027年にはフリーランスが50%を超える予想になっています。

近年は企業の活動、研究開発は複数の領域にまたがってきています。
さらに、その開発のスピードは速くなっています。
そうすると、企業の自前の技術者/研究者では専門性が異なったり、イチから学ぶための時間がなかったりするという問題が出てきます。
企業側も新しい技術を取り入れるためには、外からの人材を積極的に取り入れるしかないと思います。
そして、その人材の雇用形態はフリーのような感じでプロジェクトごとになるのではないでしょうか・・・。

いわゆるDARPA型の研究開発のスタイルになるかもしれません。日本の場合はさらに変わった形になるかもしれません。

若い技術者は腕を磨いておいて、フリーの時代を楽しんでほしいと思います。
おじさん技術者は学んだ技術を社会に還元する場が必ずあると思います。

 

関連記事

アメリカで起こりつつある”働き方改革” ~ 急成長するフリーランス社会とは? ~

https://wisdom.nec.com/ja/business/2018070301/index.html?fbclid=IwAR177hWG-M5BZMA1Vh13eAJg6JcGsrAm4Xbh5xABAJILzkYlNvtecsmf9fo#.XP5CYKQWWUE.facebook

| | コメント (0)

« 2019年5月 | トップページ | 2019年9月 »