« 研究開発で先発が後発に勝つためには? その2 | トップページ | 後発で勝つ”ための 研究開発・知財戦略の立て方、進め方 を執筆いたしました。 »

2020年 春 セラミックス協会発表

セラミックス協会の春の学会@明治大学(2020年3月18日~3月20日)に関して、

コロナの件で中止になってしまいましたが、発表予定でした。

https://sites.google.com/view/annualmeeting2020/

 

発表は株式会社豊島製作所様との共同です。

熱電材料の原料を処理することで、熱伝導率を変化させて、熱電材料の性能指数ZTを向上させるというものです。

今回は熱電材料に関してでしたが、様々な応用があると考えています。

幻のポスター発表をJPEGにしたものです。

Photo_20200320143001

 

 

|

« 研究開発で先発が後発に勝つためには? その2 | トップページ | 後発で勝つ”ための 研究開発・知財戦略の立て方、進め方 を執筆いたしました。 »

研究開発」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 研究開発で先発が後発に勝つためには? その2 | トップページ | 後発で勝つ”ための 研究開発・知財戦略の立て方、進め方 を執筆いたしました。 »