« 2020年 春 セラミックス協会発表 | トップページ

後発で勝つ”ための 研究開発・知財戦略の立て方、進め方 を執筆いたしました。

技術情報協会さんの書籍「後発で勝つ”ための 研究開発・知財戦略の立て方、進め方」 の第三節を執筆いたしました。

 

R&Dにおいては、必ずしも先発で開発し市場投入できるわけではありません。

後発でも先発の動向をしっかり見極めることで勝てるパターンがあります。

そのパターンについて書かせていただきました。

|

« 2020年 春 セラミックス協会発表 | トップページ

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 2020年 春 セラミックス協会発表 | トップページ