ニュース

常温核融合は・・・・。

日経のニュース記事です。

で特許 再現成功で「常温核融合」、再評価が加速


詳細はリンクを読んでください。(抜粋です)
■三菱重工の研究者が東北大に移籍

 かつて、凝縮集系核反応は「常温核融合(コールドフュージョン)」と呼ばれた。1989年3月に米ユタ大学で、二人の研究者がこの現象を発表し、世界的に脚光を浴びた。だが、ユタ大学での報告を受け、各国で一斉に追試が行われた結果、米欧の主要研究機関が1989年末までに否定的な見解を発表、日本でも経済産業省が立ち上げた検証プロジェクトの報告書で、1993年に「過剰熱を実証できない」との見解を示した。

 しかし、その可能性を信じる一部の研究者たちが地道に研究を続け、徐々にこの現象の再現性が高まってきた。2010年頃から、米国やイタリア、イスラエルなどに、エネルギー利用を目的としたベンチャー企業が次々と生まれている。日本では凝縮集系核反応、米国では「低エネルギー核反応」という呼び名で、再評価する動きが出てきた。

 実は、東北大学に新設された凝縮系核反応共同研究部門は、クリーンエネルギー分野のベンチャーや研究室などに投資するクリーンプラネット(東京・港)が研究資金を出し、東北大学が施設や人材を提供するという形で2015年4月に発足した。

 「核融合の際に発生する膨大なエネルギーを安定的に、安全かつ低コストで取り出せる道が見えてきたことで、欧米を中心に開発競争が活発化している。日本の研究者は、これまでこの分野を主導してきた実績がある。実用化に向け、国内に蓄積してきた英知を結集すべき」。クリーンプラネットの吉野英樹社長はこう考え、東北大学に資金を投じた。


中略

定性的には100%の再現性を確立したなか、今後の研究ターゲットは、「発生する熱をいかに増やすか、そして重水素とパラジウムという高価な材料でなく、軽水素とニッケルなどよりコストの安い材料による反応系でいかに熱を発生させるかがポイント」と、クリーンプラネットの吉野英樹社長は話す。

コメントです。
プラズマが専門である私にとって常温核融合は興味深いです。
学生時代、当時の日本の錚々たる核融合の研究者の方々から直接話しを聞いて、ドキドキしていたことを思い出します。
その後、インチキと言われながらも、三菱重工の元素変換の論文には注目していました。
また、北海道大学の水野先生の実験に立ち会わせていただいたことも有りました。
これは、懐かしい自慢かもしれません(笑)
さて、この記事に関して、元素変換は再現性があるとのことですので、何らかの物理現象があるのは間違いないと思っています。実験では、安定的に発熱が有るとのことで期待したいと思います。
80年代の常温核融合の時は発熱量がごく僅かで実験の怪しさを疑われていました。近年の測定技術の進歩とともに、実験は精度高く行われていると思われます。研究者も測定精度や再現性にはかなりこだわっているはずです。かなり期待できるのではないでしょうか。
すぐに膨大なエネルギーを取り出せるとは思えませんが、プラズマによる核融合よりも小型のものができる可能性を期待したいです。
特許も成立しているとのことですが、特許自体は進歩性と新規性があれば成立するので、直接的に常温核融合を証明するものではありませんが、基本特許であれば将来のビジネスが有利に働くと思われます。

三菱重工関連の資料など
https://www.mhi.co.jp/technology/review/pdf/421/421050.pdf
http://www.mhi.co.jp/technology/review/pdf/e421/e421050.pdf
http://www.jrias.or.jp/books/pdf/201412_TENBO_IWAMURA.pdf

関連する国プロなど
http://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/gijyutu/gijyutu2/070/shiryo/__icsFiles/afieldfile/2015/11/09/1361284_1_2.pdf


学会の報告記事
http://jcfrs.org/file/ICCF10_report.pdf


| | コメント (0) | トラックバック (0)

フジツボ戸惑う塗料、船底への付着防ぐぞ⇒特許より

朝日新聞のニュースから
http://www.asahi.com/articles/ASJ843VX3J84PLFA002.html?iref=sptop_8_05

フジツボを戸惑わせることで船底につきにくくする塗料を、塗料大手の日本ペイントホールディングスの子会社が開発し、来年1月から売り出す。人工血管に血小板がつくのを防ぐ樹脂の技術を応用した。船と水との摩擦が小さくなって燃費が良くなり、二酸化炭素(CO2)の排出量は既存の標準塗料より15%以上抑えられるという。


船底のフジツボは航行時の抵抗となり燃費悪化の原因というのを聞いた事があります。そして、従来は有機スズ系の塗料が塗られており、環境問題になっていたとのことです。
参考 http://nrifs.fra.affrc.go.jp/news/news22/2208.html
なお、本技術ではスズではなく酸化亜鉛を使っているようです。

本件に関して、特許を調べてみました
日本ペイント☓船 で特許を検索してみるといくつか出てきましたが、下記の特許が本技術に近いと思われます。
特開2010-77238
ただし、これは特許としては成立していません。
その後に出願している
特許出願2010-034510、特許出願2014-080170 この2件成立しています。
最初に出願した特許では不十分と考えて、後からより強い特許を出願し、成立させたものと思われます。
最初に出願した特許を補正という形で修正することもできるのですが、今回は新たにより実用性の高いものとして出し直しているようです。
地道な研究の成果だと思います。

参考 特開2010-77238 の要約は以下

続きを読む "フジツボ戸惑う塗料、船底への付着防ぐぞ⇒特許より"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

技術者の中高年のリストラ/転職どうすべきか・・・・。

ニュースでシャープ3500人の希望退職というのがありました。
http://www.sankei.com/west/news/150725/wst1507250039-n1.html
(ニュース記事は、続くをクリックしてみてください)

たまたま、シャープの50代の知人から転職の相談が先日ありました。
その方は、大学院を出てからシャップ一筋で来られた方でした。
私自身は、会社は3社目で、これまでに仕事で多くの転職者に関わってきているので、
若い人や年配の人から転職の相談を受けることがあります。

転職する年齢について
30代
一般的に、転職は35歳までといいますが、それ以降でも問題はないと思います
35歳を過ぎると、即戦力として期待されますから、何かのスキルがないと厳しくなるのは事実です。
35歳までは、新たな分野への挑戦、それ以降はスキルを活かした何かというのが一般的だと思います。
40代
求人が徐々に減ります。
やはり、何かのスキルが必要だとは思います。
技術的なスキルでなくても、管理者や、プロジェクトマネージメントのスキルが有ればいいと思います。
50代
40代と同様に求人は少ないと思います。
しかし、50代はこれまで蓄積した知識や経験を若い人に伝える役割での転職もあります。
大企業で務めてきた人は、大企業での効率的なやり方を、中小企業で教える、導入するような仕事もあるようです。給与は下がるケースが多いと聞きますが、私の知人はみなさん同等で転職している方が多いです。


海外での勤務
一時期よりは減ったかもしれませんが、韓国、中国、東南アジア圏での仕事のニーズも強くあるようです。
私の場合もたまに、韓国の某企業から誘いがあります。どうも、特許を見て連絡してくるようです。
その時は、年2000万円とかなりよい給与で誘われましたが、当然断りました。。。。

特許関連
特許事務所の関係などのように、技術全体を俯瞰して見るような仕事もあります。
知人が何人か行っていますが、60歳を過ぎても働けること、給与もそれなりにもらえることから人気があります。
現場でなくてもいいという技術者にとってはいいかもしれません。

いずれの場合も、まずは自分の技術の棚卸しと、転職エージェントへの登録が必要だと思います。
特にエージェントは各社で得意分野がありますから、複数登録し、たくさんの情報を得ることが重要だと思います。

独立起業
このパターンもいくつか見てきました。
それなりにコンサルとして生きていっているようですので、腕とトークに自信がある人はいいと思います。


長いサラリーマン生活ではたくさんのことを学んでいるはずで、必ず社会に役に立つことがあると思います。
皆さんうまく働いてほしいと思います。

メールであれば、答えられる範囲でなら相談に乗ります。


続きを読む "技術者の中高年のリストラ/転職どうすべきか・・・・。"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

人と話をする公園の木

面白いニュースがありました。

「メールアドレスを与えられた公園の木、人と会話を始める」

http://japanese.engadget.com/2015/07/13/treemail/

詳細は記事を読んでいただくとして、


工場部門で、装置に名前をつけてメンテナンスしていたり、
モノに名前をつけるような擬人化は、昔から日本の得意なところですが、
海外でも同じような気持ちになるのですね!
今回の件は、人を介してですが、技術的には擬似的に木からの返信も可能でしょう。
木にセンサを複数取り付けて、水の状況や、葉の状況、虫の状況などを理解させて、
コメントさせることもできますね。
ニーズが有るかどうかは別として、いろいろと応用できそうです。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

シャープ危機の真相

日経ビジネス2015.5.25 No.1792にシャープ危機の真相という記事がありました。

シャープ危機のポイントは以下。

・2013から2014年に中国のスマホメーカーであるシャオミ(小米)から受注
 シャオミは2014年の販売台数6112万台でアップル、サムスンにつぐ3位でありこの分野では勝ち組。

・2014年度も順調に受注しており、黒字となるはずだった。

・シャープのパネルはタッチパネルメーカーである、台湾のウインテック社に納入していた。

・突然、ウインテック社が経営破綻

・そのため、シャープのパネルはシャオミに入らなくなり、売上が激減。赤字に転落。


この問題のポイントはシャープのパネルのサプライチェーンがどうなっていたかに関係するようです。
ウインテック社以降はわかりませんが、以下のようになっているようです。

シャープ⇒ウインテック(タッチパネルとパネルを組み立てる)⇒次の組み立てメーカー⇒????⇒シャオミ

すなわち、シャープは、ウインテックにパネルを売っているので、ウインテックが破綻すると仕事はなくなります。
シャオミは、ウインテック以外にタッチパネルとパネルを調達しているはずなので、そちらの数量を増やせば、携帯電話の販売への影響は最小限で留めることができます。
最近のデバイスは、複数社からの購買が基本ですから、パネルの性能がシャオミの仕様を満たしていればどこのメーカーのものでもいいのです。

シャープはウインテック社の破綻の影響をモロに受けた形になったようです。
回避するには、さらに複数のタッチパネルメーカーとの契約が必要だったのかもしれませんが・・・、どうなのでしょうか。
技術だけでは勝てない時代になってきており、トータルの戦略、どことどんな形で組むかが重要ですね。
シャープの液晶技術は優れているので、なんとか頑張って欲しいです・・・・。

参考
東京新聞
シャープ経営危機
ビジネスジャーナル

頑張れ日本の製造業!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

自動車に欲しい機能

こんなニュースが有りました。

「次に買うクルマに一番欲しい技術は?」、米国ドライバーのニーズを調査」

・衝突防止
・ナイトビジョン
・衝突軽減
・リアのカメラ
・自己修復塗料

などが優先度高くほしい技術らしい。
確かに、安全に関するものは必須の技術ですね。
センサ関連の技術はまだまだ伸びそうな感じです。自動運転に向けて車がセンサだらけになりそうです。
自己修復塗料に関しても、ほしいですね。以前このブログでも紹介した記憶があります。本格的な実用化はまだのようですね。


記事は 続きを見てください。

続きを読む "自動車に欲しい機能"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

IGZOを超える「有機半導体」

EETimesに「IGZOを超える「有機半導体」、分子設計からトランジスタまで日本発の新技術」という記事があったので紹介します。

http://eetimes.jp/ee/articles/1504/10/news140.html

要約すると以下です。

・東京工業大学の半那先生が、有機トランジスタで酸化物半導体(IGZO)並みの10cm2/Vsという値のものを作製した。
・この値は材料として多結晶体であり、実用的である。
・ボトムゲートであり、プリンテッド・エレクトロニクスに利用可能である。
・今回開発した有機半導体デバイスは200℃、5分間に加熱後、室温に戻すと、3cm2/Vsを超える移動度を示した。(耐熱性が十分にある)

有機半導体で移動度が10を超えるものができるとは、素晴らしいと思いました!!!


少し批判的/辛口な私見です。
耐熱性のグラフを見ると、200度加熱で移動度が低下しています。ここは、今後かなりの問題になる気がします。有機材料なのでこの部分の解決にはかなり時間がかかるかもしれません。
私はプリンテッドエレクトロニクスの出口があまり無いような気がしています。印刷で何かデバイスができるとしても、微細化は厳しく、IIDタグや簡単なセンサになる気がします。センサにしても制御用のICが必要となりますから、そこは半導体チップが必要な気がします。
コストは印刷だと安いという見方もできますが、大量に生産するにはそれなりの装置が必要となること、またすべてのプロセスを印刷だけで行うのは厳しそうな気がし、一部従来の半導体プロセスが入るようだとコスト的に厳しい気がします。
フレキシブルデバイスができるという話もありますが、フレキシブルなデバイスのニーズがはっきりしていません。
少し曲がるディスプレイであれば、既存のプロセスや、微小チップの埋め込みで達成できそうですし・・・。

というわけで、実用化するにはもう少し時間がかかりそうな気がしています。
どうなんでしょうね???

| | コメント (0) | トラックバック (0)

シャープの商標 IGZO

シャープの「IGZO」の商標に関して以下の様なニュースが有りました。

シャープが製造する液晶「IGZO」の商標登録を無効とした特許庁の審決を支持し、独占使用を認めないと判断した知財高裁判決について、同社は11日、上告を断念したと発表した。

IGZOは、InとGaとZnの酸化物による透明導電体、透明半導体の名称で、我々研究者は「アイジーゼットオー」って呼んでました。確かに、これは元素の名前をつなげただけなので材料の研究者としては、いいのかな?と微妙な感じでした。

せっかくなので特許庁の検索から商標を調べてみました。
ここの「商標出願・登録情報」に行くと調べることができます。
http://www.ipdl.inpit.go.jp/Syouhyou/syouhyou.htm
IGZOで調べると、シャープから42件の関連したものがでてきます。「IGZOテレビ」なんてものもあります。
今回の無効の判断はどこまでなんでしょうかね・・・。IGZOだけなのか、その他もなのか・・・。


さて、私も学生の頃は透明導電膜「ITO」 (アイティーオーと読みます)を研究していました。
IGZOはシャープオリジナルかというとそうでもない気がしています。

私の記憶が正しければ、以下の様な歴史だと思います。
90年代に東工大の川添先生がIn系の透明導電膜を研究されており、その中でIn系の新しい材料を開発されました。細野先生もその時に精力的に研究をされていたようです。
その後、In系の酸化物の研究が盛んになり、2000年頃に出光興産からInとZnの酸化物(IZO)が開発されました。そして、さらに東工大の細野先生が発展させて透明TFTとしてIGZOを開発されたような気がします。
材料そのものはシャープがオリジナルというわけではなく、量産化でかなり頑張っていたとの印象です。

Wikiにある程度記載されていますね。
http://ja.wikipedia.org/wiki/IGZO


最近のシャープは経営の問題で大変な状況のようですが、弱り目に祟り目ですね。
頑張れ、日本の製造業!!!

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

LED信号だと雪が溶けない

ニュースでタイトルのような記事を見かけました。
以前から聞いたことはあったのですが・・・。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150131-31082831-webtoo-l02
LED型信号、熱くならず雪溶けず/吹雪になれば真っ白に/青森県など産学官が北国仕様を開発へ

記事の抜粋は、「続き」に記載しました。

さて、このような課題に関して、企業がどんな対策をしているか、特許を見てみました。
特許は、特許の電子図書館にて、請求項にて「LED」☓「雪」のキーワードで検索しました。
59件出てきました、そのうち関連ありそうなものが数件。

解決策として
・発熱シートをとりつける
・LED自体を発熱させる
・蓄熱材をとりつける
などがありました。

また、
ネットでは、信号機表面をフラットにして雪が積もりにくいようにしたり、斜めしたをむけたりする、撥水のようなものと組み合わせるというアイデアが出ていました。
調べると、雪が付着しにくいように最近は、フラット形が主流にはなっているようです。
発熱体を取り付けるとなると、コストアップや、せっかくの低消費電力が損なわれそうですね。


先の記事では、「現状では完璧に着雪を防げる信号機はない。雪に強いLED型を商品化できれば、県の産業の一角にもなり得る」と締めくくられていました。

良いアイデアがあれば、是非!!!!


続きを読む "LED信号だと雪が溶けない"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

プラズマテレビの終焉

10月の上旬にパナソニック社がプラズマテレビ事業から撤退することが発表されました。
http://www.nikkei.com/article/DGXNASDD080RZ_Y3A001C1TJ2000/
http://www.j-cast.com/2013/10/09185808.html

記事から
パナソニックはプラズマ事業に2000年代半ばから5000億円以上を投じてきた。主力の尼崎工場(兵庫県)でのテレビ用パネル生産を、14年度をメドに終了する方向で調整している。尼崎工場の資産については製造設備の減損処理は実施済み。日立製作所が2008年度に、パイオニアは09年度に撤退。パナソニックが撤退すれば、プラズマテレビを手がける国内家電メーカーはなくなる。

とのことです。

2000年ごろには大画面はプラズマ、小画面は液晶ということで市場のすみわけができていました。
私自身も、液晶用TFT(薄膜トランジスタ)が大画面ではできないので、大画面テレビはプラズマしかないと聞いていました。当時は他にもプラズマは高速応答なので動画性に優れている、液晶は視野角が悪いがプラズマは問題ない、液晶は黒表示での光漏れがあるがプラズマはないのでコントラストが高い、などプラズマ方式の方がメリットがたくさんありました。液晶の方が消費電力が低いというメリットはありました。

メリットがたくさんあるプラズマ方式が液晶に負けたのでしょうか????
これは私の推察です。
・液晶は小型のためインフラが小さくて済むためたくさんの企業が参入していた。そのため競争が激しく生じた。
・TFTの技術の進歩で大面積にも対応できるようになった。
・液晶そのものの工夫で、高速に応答可能な方式が開発されてきた。
・視野角は視野角拡大フィルムや液晶の方式によって大きく改善され、問題ないレベルになってきた。
・環境意識の高まりとともに低消費電力のニーズが強くなり、プラズマに対して優位なイメージとなった。
こんなところでしょうか。

当初、有利だったメリットが消えて、裾野の広い技術開発により液晶に負けてしまったということなのでしょう。
3Dテレビになって、プラズマの利点が生かされると思ったのですが、3Dのコンテンツが弱いのかあまりブームになりませんでしたね。

私自身は、液晶、プラズマ、リアプロの中で一番エネルギー効率が良いとおもわれるリアプロを押していましたが家庭用のテレビ市場からは消えてしまいました・・・。(涙)
途中ではSEDなるテレビにも期待したのですが・・・。

単純に技術だけの問題ではないと思いますが、研究者としては考えさせられる事例です。
もう少し深く検証してみることが必要な事例だと思いました。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧